専門看護師のこれからとは?

看護師求人 → 看護師求人~専門看護師の需要と問題~

看護師求人~専門看護師の需要と問題~

看護師というと、病院で患者を看護してくれる、白衣の天使というイメージが強いと思います。そのイメージは間違っていません。しかし、看護師の中にもいろいろな種類の看護師がいることをご存じでしょうか。

看護師は、最低3年勉強する医療系の専門学校を卒業し、国家試験に合格すればなることができます。

しかし最近は、4年制の看護学部を卒業したあとに大学院博士前期課程へ進学し、実務経験を5年、うち3年は専門的な分野で研修した者が筆記試験に通るとなることができる、専門看護師になる人がいます。主に大学病院などで働いています。

専門看護師には、がん、精神、地域、感染症などの分野があります。例えばがん専門看護師の場合、がん緩和ケアチームなどの医療チームに参加し、医師や薬剤師などの医療スタッフと同等な立場にいます。

看護師ならではの視点で、患者の生活の問題について、病気によるQOLの低下などを指摘し、改善点などを挙げることができます。

しかし、この専門看護師はまだまだ知名度が低いことが問題です。一般に看護師は、仕事は大変で、それ以上勉強する余裕がなかったり、なまじっか給料はよいため、レベルアップを目指す必要がないと考え、働きはじめてから勉強会に参加するなど積極的な人は少ないと思われます。加えて、専門看護師になったからといって給料が大幅にアップする訳でもなく、こうした待遇面の問題も看護師業界としては今後検討していくべき課題です。

また、専門看護師に似たもので、認定看護師という資格があります。こちらは、専門看護師とは異なる分野で優れた職能を発揮できる看護師です。専門看護師と同様に、実務経験や試験が必要です。

こうした専門看護師が少ないという現状で、専門看護師の需要はどれくらいあるのでしょうか。現在は大学病院や特定機能病院などにしか置かれていませんが、医療が高度化することに伴い、需要は高まっています。看護師求人サイトなどには、これらの資格を持っていると優遇と書かれているのがその証拠です。とはいえ、先ほども書いた通り需要に較べて待遇面で専門看護師の立場が追い付いておらず、まだまだなり手が少ないのが現状です。今後、より高度な看護技術を患者に提供するためにも、また看護師業界のレベルアップのためにも、専門看護師の地位向上や教育体制の拡充が求められます。